至高の一杯を求めて ~日本一周麵ロード旅~

ホテルエブリィバンに泊まりながら美味しいものを食べ走りします。。

麻を蒸してた浅虫散策。

6月27日 月曜日 晴れ 青森県 鶴田〜浅虫

 

鶴田の道の駅では、九州に旅行に行った事があるという夫婦に話しかけられました。


最近よく、え!?北九州?と、九州に来た思い出を話してくれる人が多くなりました。
北九州の話は全然出ないんですけどね。


熊本とか鹿児島とか大分とか。
九州は一緒くたになってる様です。


あと、今日夕方話したおじさんは、息子の嫁が北九州だと意気揚々と話してくれたけど、よくよく聞いたら行橋市だったり。

 

確かに北九州は観光するとこないしなー。スペースワールドも無くなっちゃうし。道の駅もないから車中泊しにくいのかも。車中泊出来るとこはいっぱいあるんですけどねー。治安がちょっと心配とかもあるのかな。


朝ごはんのサンドイッチを食べながら、
これまでずっと走ってきて、同じ町の名前とか良くあって、日本で一番多い地名は何だろうという話になりました。


それで調べると、町の名前で昔は一位は中村だそうです。村の中だったんでしょうか。約700カ所もあるらしい。


今は池田が多いみたいです。


市の名前は、同じ読みはダメみたいで、漢字は同じでも読み方を変えてたり、面白いですね。

 

 

さて、今日は青森市に戻って朝ラーします。

 

長尾中華そば。

f:id:ykmlm:20170628091212j:image
青森県で一番評価が高いといっても過言では無い店。カップラーメンもいくつも出てます。

 

綺麗なお店です。

f:id:ykmlm:20170628091236j:image

 

メニューが多くて迷いました。

f:id:ykmlm:20170628091258j:image

f:id:ykmlm:20170628091322j:image

おすすめの、こく煮干しラーメン、タコちゃんは、味噌つけ麺。


麺も選べたので迷いましたが、もちもちの手打ち麺にしました。


ご飯が朝10時半までは無料だったようですが、20分ほど過ぎてたので注文。それでも50円は嬉しい。

 

常連のおじさんが続々入ってきます。店員さんも、何時ものでいい?と、ハンディー機を操作。

 

きましたー。

f:id:ykmlm:20170628091401j:image

f:id:ykmlm:20170628091418j:image

青森煮干しラーメン、これいかに!

 

思ってたより煮干しがキツくなくて、奥の方に柑橘系が居そうないなそうな、結構飲みやすいスープ。


少し、エグミは感じますが、好きな人はこれが良いのでしょう。


麺も美味しかったです。

 

激にぼにも挑戦したいです。

 

だんだん煮干しラーメン好きになってきました。
どちらかというと、弘前で食べた、たかはしさんの方が好きかな。あの時はお腹ペコペコだったからかなー

 

私のiphoneが、データがいっぱいなのと、一眼レフのデータをバックアップする為に、ネットカフェに行きました。

 

30分で収めたかったので、
よく映画である、スパイがパソコンからデータを盗んでる時みたいに、転送を待つのが焦ったくて、カモンカモン言ってました。心の中で。

 

ここぞとばかりにジュースも飲みました。

 

それから浅虫温泉へ。

f:id:ykmlm:20170628091511j:image
ここの道の駅は、浅虫駅の真ん前。


展望風呂の温泉もあるので、ここに車を止めて街歩きしてご飯食べてお風呂はいって寝る事が出来ます。

 

街歩きといってもそんなする事無いんですけどね。

 

道の駅で、油彩魚拓展というのをやっていたので見てみました。
お魚が生きてるような瑞々しい色彩でした。私もやってみたいです。


西日本でやってる人はいないそうなので、第一人者になれるかも知れません。


おじさんが親切に色々と教えてくれて、結構長い事居ました。私は絵が好きなので、楽しかったです。

 

 

それから駅前の足湯に行きました。


一緒に入ってたひとり旅のおばちゃま2人と話が弾んで楽しかったです。


4日?か5日新幹線乗り放題で一万いくらのツアーがあるんですね。電車旅も楽しそうです。

 

それにしても、国内旅行は定年後の楽しみという人が多いです。

出会う人は中高年の方ばかり。


我々の老後の楽しみはどうしましょ。
今は、第二の人生を先にやっちゃってる気がしますが、今しか感じられない事、できる事がきっとあると信じています。

 

散歩してるとまた足湯発見。

f:id:ykmlm:20170628091634j:image


温泉卵を作る場所もありました。

f:id:ykmlm:20170628091719j:image
カゴも置いてくれてて、無料で利用できるのは有難いのですが、なぜ卵を売らない!?

 

それから、こぎん刺しをたくさん扱っているお店があったので入ってみました。

県内一の品揃えだそうです。

f:id:ykmlm:20170629173041j:image

f:id:ykmlm:20170628092057j:image
この、こぎん刺しがとても可愛くて色といい模様といい麻素材といい私の好みにドンピシャなのです。
ネイティヴ柄みたいで。

 

江戸時代、農民は麻布の服を着て仕事をしていました。なんとか寒さから身を守ろうと、麻を重ねて、補強と保温の為に、絹糸で刺し子していたのが始まりだそうです。

もともとは藍染の麻布に生成りの糸でしたが、現代風に色んなバリエーションがあります。

 

めちゃくちゃ可愛いんですけど、結構高いんですよね。
小さながま口が2000円以上するし。

 

品揃えが豊富だったのでずっと見てると、お店のおばあさんが、こぎん刺しについて色々教えてくれたり、今は売られていない昔の製品を見せてくれたり、1時間くらいずっと話してると、どんどん欲しくなって、結局4530円もする手さげ袋を買ってしまいました。

f:id:ykmlm:20170629130903j:image

f:id:ykmlm:20170629173129j:image
出せても1000円かなと思っていたのに!

 

おばあさんが良い人で、人柄にやられちゃいました。でも、この人から買えてよかった。大事に使おうと思います。

 

夜は22時くらいまで、朝は6時くらいからやってるみたいです。駅の近くなので、是非行ってみて下さい。

あーもっと欲しい!

 f:id:ykmlm:20170628092633j:image

 

晩御飯は鶴亀食堂へ。

f:id:ykmlm:20170628092207j:image
6時に閉まるから急がなきゃ。

 

ここは、山のように盛られたマグロ丼が有名なのですが、食べてる人見るとそこまでじゃないし、何よりミニで2000円もするので、海老天丼を注文しました。

f:id:ykmlm:20170628092615j:image

f:id:ykmlm:20170628092135j:image

店内はおびただしい量のステッカーびっしり。

f:id:ykmlm:20170628092330j:image

 

それからビーチを散歩。

f:id:ykmlm:20170628092513j:image
タコちゃんが昨日から腰の痛みを訴えています。だいぶ痛いみたいで、歩くと少し楽らしいので、夕陽をみながらビーチを行ったり来たりしました。

f:id:ykmlm:20170628092545j:image

それからお風呂に入って、ホタル湖に行ってみましたがまだ早いみたいで一匹もいませんでした。

 

最近、道の駅で夜に車のナンバーチェックをするのが楽しみになっています。
九州がいるかいないか賭けをするのですが、この道の駅は泊まってる人がすごく多くて楽しかったです。


駐車場が4つあるので、ぐるっと回ると、全国津々浦々、なかなかのラインナップでした。九州は、福岡と長崎がいました。並んで停めときたいです。

うっちゃれ五所川原

6月26日 月曜日 曇り 青森県 十三湖〜鶴田

 

朝もう一度ローラーコースターで遊んで出発!

 f:id:ykmlm:20170628084851j:image

十三湖は、海水と淡水が混ざっており、しじみの産地だそうです。

f:id:ykmlm:20170628084742j:image
しじみといえば宍道湖しか知りませんでした。
そういえば宍道湖でしじみ食べなかったなぁ。

 f:id:ykmlm:20170628084818j:image

そのしじみを使ったラーメンが名物だそうで、元祖という店に行ってみました。

 

私はしじみ汁大好きです。ホッとして体が喜んでる感じがまた!ラーメンとどう融合するのやら。

 

綺麗なお店です。

f:id:ykmlm:20170628084640j:image
しじみ定食などもありました。

ラーメンは、特製1100円と、普通850円がありました。


ネットで見てたのより高くなってる。
完全に観光地プライスか!?それともそれだけ贅沢にしじみを使ってるのか!?

 

おばちゃんが1人で作ってました。

来ました。

f:id:ykmlm:20170628084609j:image
十三湖しじみラーメン、これいかに!

 

まず、私の想像する蜆ラーメンではなかったです。

 

これは絶対、ラーメン屋さんの感想で言ってはいけない事だけど、
一口飲んで、一瞬インスタントの塩ラーメンが頭によぎったくらい。なんか粉末を溶かしたような、、、
塩ラーメンにしじみのせたような、、、

 

長年研究して、丹精込めて作ってるだろうに、本当に失礼すぎる感想で申し訳ないのですが、あくまでも一個人の勝手な感想で、他の人からしたらとても美味しいと思う人もいるんだという事です。

 

うーん。こんなもんなのかなぁ。蜆ラーメンを他で食べた事がないのでわからないです。

 

ホームページをみると、しじみと昆布だしで作ってるらしいけど、塩コショウがキツくてとても飲み干せない。
何度飲んでもチキンコンソメの味がするような気がする。
絶対そんな事はないのでしょうが。

 

もっと、体に染み込むようなしじみの優しい味わいを期待してたのに残念。

 

あと、割り箸が木の香りが強すぎて、ラーメンの香りより木の匂いが口の中でして嫌でした。

 

麺は細麺で、蜆を食べる事に気をとられるとすぐにのびて美味しくなくなる。

 

期待していただけに、かなり辛口な事ばかり書いてしまいましたが、私はちょっと、う〜ん。でした。

 

やっぱりしじみは、しじみ汁と白ご飯が一番という事でしょうか。
わざわざラーメンにする意味と、相乗効果の程はわかりませんでした。

 

もちろん、これが美味しい!大好き!という人もいっぱいいると思うので、あくまでも私の感想です。

 

 

 

 

それから、五所川原市へ。


立ちねぷたの館へ行ってみました。
入館料600円かかるので、どうしようかなーと思ってたら、カフェエリアに1つそれっぽい物があったので、もういいかなーと思い、スルー。

f:id:ykmlm:20170628085311j:image

 

制作風景はタダで見れます。

f:id:ykmlm:20170628085354j:image

 

ところで、ねぶた祭りって青森市だけじゃないんですね。


こんな事言ったら青森の人に怒られそうですが、知らなかったです。


ねぶたとねぷたがあるのも知りませんでした。


弘前ねぷた祭り、五所川原立ちねぷた祭り、青森ねぶた祭り。他にもいっぱい。

あー観たい!
8月の初めかぁ。何してるかなぁ。

 

それから、オートバックスへ行きオイル交換。
私は3000キロ走ったくらいから交換したかったのですが、タコちゃんが、車買った時にいいオイルに変えてくれてるから6000キロはイケる。3000キロで交換目安とは企業の戦略だ。と言うものですから、ちょこちょこ点検してはいたのですが、山道走る時とか心配で、もう流石に変えたい!

 

すぐに交換してくれました。


あースッキリ!

 

そんなにいいオイルじゃないから次はもっと早く交換しなければ。

 

それからイオンを少し見ました。

 

そうです。やる事が特に無いのです。


時間を持て余しているのです!!

f:id:ykmlm:20170628085550j:image

岩木山がキレイに見える!

 

夕方、道の駅鶴田に行きました。
パン屋さんではジャンボメニューが充実してました。

 

お風呂へ。
今日は26日、風呂の日です。

f:id:ykmlm:20170628085640j:image

 

それから日本一長い木の橋へ。総ヒバ造り。

f:id:ykmlm:20170628085746j:image

 

鶴の舞橋。まるでツルが両羽を広げてるような橋です。

f:id:ykmlm:20170628085826j:image

 

f:id:ykmlm:20170628085851j:image


どうでもいいですけど、「つるのまいばし」と入力すると、「鶴のマイ箸」と変換されて、鶴がマイ箸持参してるところを想像してちょっと可笑しかったです。

 

しかし、津軽半島は寒い!
もうすぐ7月というのに、半袖じゃ出歩けないくらい寒いです。

 

晩御飯はまた五所川原に戻って、気になっていた食堂、あかぎ食堂へ。

f:id:ykmlm:20170628085958j:image

もう雰囲気が最高です。
めちゃくちゃ落ち着く。

 

昼は食堂、夜は居酒屋のようですが、夜でも定食メニュー食べれます。

f:id:ykmlm:20170628090032j:image

f:id:ykmlm:20170628090055j:image

土方のおっちゃんが飲んでた生ビールが美味しそうで喉が鳴ります。

 

定食は割と高めの値段設定。


私は日替わり定食、タコちゃんはカツ定食を注文しました。

 

少しすると、ニコニコしたおばちゃんが漬物を持ってきてくれました。

塩気が効いてて美味い!

f:id:ykmlm:20170628090126j:image

 

そして、定食が運ばれてきたのですが、小鉢の多さ!

f:id:ykmlm:20170628090202j:image
この後、生ダコの刺身も来ました。


これはもう我慢出来ない!

 

おばちゃーん、生ビール1つ下さい!

 

タコちゃんには申し訳ない。次回はそちらの番という事で。

 

ぷはー!うまーい。
実は生ビール頼もうと、水には手をつけていなかったのです。用意周到!

 

久しぶりに飲む生ビールの美味い事美味い事。このお店の雰囲気も良いからでしょう。


車をここにとめさせてくれるなら、タコちゃんとベロンベロンになるまで飲みたいくらい。
こういう雰囲気の居酒屋で飲むと酒も進むんですよね。本当に落ち着く空間。

 

店員さんがおばちゃんっていうのがまた、おふくろの味って感じがします。
若けりゃいいってもんじゃない。おばちゃんにしか出来ない仕事がある。
大事そうに料理を運ぶ手、美味しく召し上がれという暖かい気持ちまでも含めて、おふくろの味が完成するのだ!


飲めない人に、ウフフと、冷たい緑茶をタコちゃんにサービスするこの気遣い。
ご飯の量が、タコちゃんのが明らかに大盛りなこの気遣い。
その気遣いは無用ですよおかみさん!
私も大盛りにして欲しかったですよ!
世の女が全て少食だとは思わないでいただきたい。

 

味はもちろん美味いに決まってる。
そんなのお店に入った瞬間から分かってました。

 

目の奥が全く笑っていない、機械的でマニュアルに則ったサービスに嫌でも慣れてしまった現代人。
心からの、ありがとうございましたがここにありました。

 

お店を出ると、満腹感より満足感でいっぱいになりました。

 

夜の鶴の舞橋を見に行きました。
ライトアップされてましたが、なんかコレジャナイ感が。
スマホのメモリがいっぱいで写真撮れませんでした。

 

さて、どこで寝るか。
鶴の舞橋の駐車場でもいいし、少し行くとゆとりの駐車帯というトイレ付きの広い駐車場もあった。


また職質されても嫌なので、道の駅鶴田に戻る事にしました。


アイドリングしてるボロいトラックがうるさい。


15台くらい車中泊の車がいるのですが、みんな寝てるのによくうるさく出来るなー。

てか、今日はすごく涼しいのですが、トラックの運転手さんは何のためにアイドリングしてるんでしょうか?


窓を開けて寝ているようなのですが?
うーん、不思議。タケルくんでも使ってるのか?
暑い夜や寒い夜ならまだわかりますが、こんな日に一体なぜ?
何か充電してるのか?

カーナビでテレビかDVDでも観てるのか?
一度エンジンを切ると2度とエンジンがかからない車なのか?
アイドリングしてないと寝れない人なのか?
何かあった時にすぐに発車したいのか?会社への抗議でガソリンを使いまくりたいのか?


悶々として寝ます。

あ、やっと切ってくれた。
一気に静寂が訪れました。
全部の車から「ホッ」という声が聞こえてくるようです。

 

またエンジン掛けた!

 

お、どっか行った!

 

また戻ってきたー!

 

それから朝までアイドリング。

よく眠れませんでした。

ごらんあれが 竜飛岬

6月25日 日曜日 晴れ
青森県 蓬田〜十三湖

 

そろそろ本当に太りすぎて苦しいので、今日から朝散歩を取り入れようと会議の結果、決まりました。

 

気持ちのいい田んぼ道を30分ほどウォーキング。

 

村の駅がオープンしてたので見てみると、美味しそうなカワハギのフライとでっかいおにぎり。
これに卵焼きもこっそり作って、朝ごはんです。

f:id:ykmlm:20170626215431j:image

美味しそうにカワハギフライを頬張る私を冷たい目で見るタコちゃん。


ダイエットはじめてウォーキングした後に揚げ物ってどうなの?


と言われてはじめて気付きました。

デブが体に染み付いてるようです。

 

ウォーキングより、意識改革から始めなければなりません。

 

 

今日は津軽半島をドライブします。

 

海沿いの道に出るとすぐ、海の博物館と、物産館がありました。
なんと駐車場にもフリーWiFiが届いてる。
昨日はこっちに泊まれば良かったなぁ。

 

見てたドラマ、あなたのことはそれほどの最終回をTVerで見ました。

 

 

それから、大きなスーパーで買い出し。
ここで行っとかないとこの先ないみたいです。

 

買いものしてたら69歳のおじさんにつかまり、長い立ち話がはじまりました。

 

どうしてもこういうおじさんを無下には出来ない。もし、自分のお父さんが人に話しかけて冷たくされてたら凄く嫌だから。

8割がた話は聞き取れなかったけど、可愛らしいおじさんで、楽しかった。

 

 

車で海沿いを走るといい感じの漁村。

Uターンして写真を撮りました。


お!義経寺発見!


日本海側ではよく義経が出てきます。

どんだけ逃げてんだ。

 

寺で煩悩を払おう。

f:id:ykmlm:20170626215810j:image

なかなかの階段を登ると、上にも駐車場がありました。疲労感2倍。

f:id:ykmlm:20170626215840j:image

f:id:ykmlm:20170627093359j:image

 

タコちゃんは興味ないと、駐車場で待ってたのですが、ネコと睨めっこしてました。

f:id:ykmlm:20170626215915j:image
久しぶりのにゃんこ。もふもふしたい。

ちょっとだけ触らせてくれました。


足りぬ!!全く足りぬ!!

 

さぁ、いよいよ津軽半島のハイライト、竜飛岬ですよ。

 

ダダダダーン タラララ〜
ごらんあれが 竜飛岬 北のはずれと
見知らぬ人が 指をさす

 

その前に、日本で唯一ここにしかないもの。知ってますか?

 

階段国道

f:id:ykmlm:20170626220021j:image

階段なのに国道なのです。

というか、国道なのに階段なのです。

 

これは踏破しなければ!
タコちゃんは寒さにやられて元気ないので、車で上に行ってもらって、さぁ登るぞ〜

f:id:ykmlm:20170627085001j:image

 

結構きつい。

f:id:ykmlm:20170626220148j:image
途中、記念スタンプあり。

f:id:ykmlm:20170626220126j:image

はぁはぁ言いながら何とか踏破!

 

けどよく考えたら、片道だけでいいなら上から下に下れば良かったなぁ。

 f:id:ykmlm:20170626220342j:image

上では郵便局の人が記念切手を売ってました。大変だなぁ。

f:id:ykmlm:20170626220308j:image

 

あ、その近くに津軽海峡冬景色のモニュメントがありました。

f:id:ykmlm:20170627085140j:image

 

f:id:ykmlm:20170626220434j:image
歌詞が全文のってて、ボタンを押すと、
ダダダダーン タラララ〜と大音量で歌が流れます。

 


ごらんあれが竜飛岬からはじまるので2番だけですが。
これは面白いと思います。
感慨もひとしおでした。

2回も聞いちゃいました。

f:id:ykmlm:20170627085046j:image

 

 

 

それから満を持して竜飛岬へ。

うすーく北海道が見えてます。待ってろよ!

f:id:ykmlm:20170627085229j:image

f:id:ykmlm:20170627085303j:image

北!

f:id:ykmlm:20170627085357j:image

 

下に降りて行けるみたいだけどすごい階段。

f:id:ykmlm:20170627085623j:image

引き返す勇気!

 

青函トンネル記念館も近くにありました。

f:id:ykmlm:20170627085757j:image

f:id:ykmlm:20170627085727j:image

すごい大工事だったんですね。

f:id:ykmlm:20170627085837j:image

トロッコに乗って建設時の坑道体験も出来るみたいで、ガンガン聞こえてました。

 

 

そこから山道に入ります。

f:id:ykmlm:20170627090039j:image
これはバイカーも楽しめる道なんじゃないでしょうか。


ダイナミックな景色でした。

f:id:ykmlm:20170627092110j:image

お猿さんの群れもいました。

f:id:ykmlm:20170627092146j:image
赤ちゃん猿めっちゃ可愛かった。

 

今夜はこどまりで夜釣りをする予定でしたが、釣具屋さんがなく、エサ屋さんも閉まってて、しかも寒いし、もうちょっと先に進むことにしました。

 

途中で日本一長い木造屋根付き橋というのを見つけて行ってみました。

f:id:ykmlm:20170627092458j:image

f:id:ykmlm:20170627092530j:image

f:id:ykmlm:20170627092554j:image

木のいい香り。総ヒバ造りかしら。

 

 

それから、道の駅十三湖高原へ。
牛さんがいる!

f:id:ykmlm:20170627093021j:image

展望台と、ながーいローラーコースターがあります。

f:id:ykmlm:20170627092724j:image

f:id:ykmlm:20170627092810j:image

f:id:ykmlm:20170627092853j:image
もちろん遊びました。

魚があると思って、おつまみにと買ったホルモンでご飯。

f:id:ykmlm:20170627092940j:image

夜は雨です。

5000年前にタイムスリップ!

6月24日 土曜日 晴れ

青森県 十和田湖〜蓬田

 

起きてドアを開けてビックリ!

 

昨日はガラガラだった駐車場にたくさんの車が。

f:id:ykmlm:20170626101322j:image

 

みんな山登りの格好をしてます。

 

この駐車場渡った所から八甲田山に登れるみたい。

f:id:ykmlm:20170626101423j:image

ひえっ!?秋吉台まで縦走!?何日かかるんだろう。

 

 

私でも登れるかな?と、登山口にいた子連れの人に聞いてみると、2時間半から3時間くらいで登れて、道も登りやすいので登山初心者でも簡単に登れる山らしい。

 

ちょっと登ってみようかなと思ったけど、すぐ後悔するのは目に見えてる。

 

しかも今日は久しぶりのいいお天気!


布団干したい!

 

まずは、八甲田山の湧き水を汲みました。

f:id:ykmlm:20170626101706j:image
スッキリとして飲みやすい。すごく冷えてて美味しかったです。


それから、未舗装の道を40分くらい進んで、

f:id:ykmlm:20170626101757j:image

タヌキの湯という川沿いの野湯に行ってみたのですが、冷たい!

f:id:ykmlm:20170626210416j:image

f:id:ykmlm:20170626210505j:image
水しか出てないのか?お湯は??

 

ここは、昔は温泉旅館があったそうですが、ダムが出来たことで取り壊され、残った源泉を有志の方々で野湯として残しているそうです。


はて?もうやってないのか、自分で何かしないといけなかったのか、わかりません。まわりはお湯が出てたんだけどなー。

f:id:ykmlm:20170626101903j:image

f:id:ykmlm:20170626101954j:image

道がこんだけ草ボーボーという事は人があんまり来てないってことかしら。

 

 

ダムの近くに無料のキャンプ場があるみたいなので布団干しに行きたかったのですが、道が通行禁止になってて行けず。


大きな駐車場があり、誰もいなかったので少しだけ干させてもらいました。

f:id:ykmlm:20170626210636j:image

やっと干せた〜。
布団の敷きパットをパタパタするとすごい何か白いものがぷわーっと。うげ。

 

そこでご飯も食べました。白ご飯と、鯖缶と、カップラーメン。

 

私が好きなトンコツラーメンのカップ麺は2つあります。
1つは、セブンイレブンで売ってるだるまラーメン。これはなかなかレベル高いです。このラーメンが美味しかったからだるまに行って食べたけど、カップ麺の方が美味しいんじゃないかと思ったくらい。オススメです!

 

あとは、安いのでよく食べてたエースコックの飲み干す一杯シリーズのトンコツ。
安い時は100円以下で売ってるのですが、なかなかのクオリティ。本当に飲み干せちゃいます。

 

 

お昼くらいまでゆっくりして、青森市へ。

 

何でも、味噌牛乳カレーラーメンが人気だとか。
早速行ってみます。

 f:id:ykmlm:20170626210932j:image

味噌牛乳カレーラーメンとはどういう事だ?

f:id:ykmlm:20170626210741j:image

カウンター席に座り、作るところを凝視。


もやしとスープをフライパンで炒めて、器には味噌?と牛乳とカレー粉。

 

なんだそういうことか。

 

味噌ラーメンに牛乳とカレー粉を入れたものなんですね。
もっと凝った物を想像してました。

 

チャーシューとメンマ、ワカメ、バターをのせて、きました。

f:id:ykmlm:20170626210816j:image

味噌牛乳カレーラーメン、これいかに!

 

う〜ん。カレー粉の味。


なんか旨味が少なくて、カレー粉の味。

これは、私はあんまりだなぁ。
なんか中途半端な感じが。

 

タコちゃんは煮干ラーメンよりは好きらしいけど。
完全に好みですよね。

 

う〜ん。830円・・・
ホットペッパーのクーポン(JAFの割引あり)で100円割引でしたが、高いなぁ。

 

駐車場は、温泉駐車場にとめるとサービス券がもらえたので良かったです。

 

それから、三内丸山遺跡に行きました。

 f:id:ykmlm:20170626211112j:image

青森市内にあり、しかも無料!

 

日本一大きな縄文遺跡集落が見つかった所です。

 f:id:ykmlm:20170626211134j:image

5000年前なんて想像も出来ないけど、確かにここで人々が生活してたんですよね。
浪漫です。

 

ビジターセンター的な立派な建物があり、6分と15分の映像を定期的に上映してます。

f:id:ykmlm:20170626211037j:image
どちらも見ましたが、内容はほぼ同じだったので6分のだけで十分でした。

f:id:ykmlm:20170626211209j:image

出土品も、分かりやすく展示されています。

f:id:ykmlm:20170626211352j:image

35センチくらいの大きな土偶

f:id:ykmlm:20170626211524j:image

カゴ網ポシェット。

5000年前に確かにこれを作った人がいる。どんなヒトなんだろう。

しばらく立ち止まって見知らぬその人と対話。まさか未来でこんな風に展示されるとは思ってもみなかった事だろう。

 

 

f:id:ykmlm:20170626211238j:image

 

f:id:ykmlm:20170626211306j:image
こちらも入館無料。
すごい。どうして無料でやっていけるんだろう。


パンフレットには青森県教育委員会と書いてあったけど、観光地としてお金とっても良さそうな施設。
素晴らしい。


30分おきにこれまた無料で、ボランティアガイドさんが案内までしてくれるんです。


もちろん参加。

 f:id:ykmlm:20170626211907j:image

f:id:ykmlm:20170626213212j:image

同じ場所に建てた竪穴式住居。

40ヘクタールの敷地内に780軒の建物跡、そして大きな建物、貯蔵庫、ごみ捨て場、土器や土偶などを埋めた所、お墓などがある。

最盛期で500人が生活していたそう。

f:id:ykmlm:20170626213047j:image

f:id:ykmlm:20170626213827j:image

 

f:id:ykmlm:20170626213255j:image

f:id:ykmlm:20170626213534j:image

 冬はここでみんなで集まって生活してたらしい。プライバシーゼロ!

 

色々説明してもらうと、どんどん疑問が増えていく。
知りたいこと、気になったことが溢れて止まらない。

 

科学的な分析によって、当時のことが少しは解明されても、私が知りたいことに全て確実に答えられる人はいないんだろう。


これぞロマン。


想像してみるしかない。

 

もともと、この場所には野球場が作られるはずだった。土地の調査で、これが発見されて

f:id:ykmlm:20170626211955j:image
日本最大の縄文遺跡があることが明らかになったらしい。

 

この穴と、残ってる柱の栗の木の支柱から推測されて復刻したのがこれ

f:id:ykmlm:20170626212029j:image

1メートルの太さの栗の木を6本。長さは20メートルと推測されている。

 

こんな大掛かりなことを、石と木で出来たのだろうか。

 

使い道も、灯台の役目とか、物見櫓、儀式などと説明があったけど、本当はどうなんだろう。

 

タイムスリップして見てみたい。

本当はすっごい低かったりして。

f:id:ykmlm:20170626213801j:image

これちょっと欲しかった。

 

あー楽しかった!

知識欲が満たされる快楽、さらに知りたい事が湧いてくる脳の運動。


それから温泉博士のお風呂へ。
良く言えば昭和の香り残るお風呂だった。


お客は全員常連といった感じ。


私が頭を洗っているとおばちゃんが近づいてきて、配管の黒いお風呂には入るな、ダムの水を引いてて汚れていると教えに来てくれました。


相当なまっていたので、5回くらい聞き直して多分そういうことだろうと理解できました。

 

確かに、1つだけ黒っぽいお湯の色した湯船がある。これのことだろう。

 

こういう温泉に来ると、サウナと水風呂を永遠に往復してる人がいます。


まるで回遊魚みたいだなーといつも思うのですが、サウナから出ると水風呂からバシャーッと水を掛けて、またすぐにサウナに戻っていきます。割と痩せてる人が多いです。
大抵はタオルを3枚くらい使って、頭と口元と腰回りに巻いています。

ギャングみたいです。


マイシートを持ってる人も多いです。

この温泉は、その回遊魚が多くて、場所取りしてるので、あまりゆっくりサウナに入れませんでした。

 

 

晩ご飯は青森駅の近くまで戻って、中華料理の食堂へ。
五番街


昼間のラーメン屋のすぐ近く。

 

隣の有料パーキングの割引きがあるそうなのでそこに止める。


お店は2階。


最近ずっと中華丼が食べたかったのでオーダー。
タコちゃんは生姜焼き定食。

デカ盛りのお店みたいだけど、そうでもないなー。

f:id:ykmlm:20170626214327j:image

f:id:ykmlm:20170626214359j:image
生姜焼き定食は、ネギ嫌いのタコちゃんには有難い玉ねぎナシの肉のみドーン!

味は普通でした。

 

食後に少し散歩。

 

お!青森駅だ!

f:id:ykmlm:20170626214455j:image

ダダダダーン タラララ〜と
津軽海峡冬景色が勝手に脳内再生をはじめました。

青森市内はなかなか泊まれそうなとこがないので、蓬田にある村の駅よもっとに行って寝ました。

聞いてないよ〜。大間フェリー2週間の運休

6月23日 金曜日 晴れときどきくもり

 

雲海が見れるかなと、早起きしましたが、外は真っ白な世界。

 

小さな頃は雲の中だとはしゃいだものですが、今では舌打ちものです。

 

カランカランと熊よけの鈴をつけたご老人たちが出動していきます。

f:id:ykmlm:20170625211819j:image

 

一瞬だけ晴れて、十和田湖が見えましたがすぐにまた見えなくなりました。

f:id:ykmlm:20170625211859j:image

 

朝ごはんを食べて、

f:id:ykmlm:20170625211931j:image

下界に降りていきます。

 

 

特に十和田湖でやりたいこともなかったので、高村光太郎先生が作ったという乙女像だけ見ました。

f:id:ykmlm:20170625212029j:image

十和田神社から入って少し歩くと

f:id:ykmlm:20170625212119j:image

十和田湖。確か日本で12番目に大きな湖。

f:id:ykmlm:20170625212237j:image

乙女象。高村光太郎先生の奥さんがモデルらしい。鏡合わせで、何か色々と表現してるらしい。

 

f:id:ykmlm:20170625212435j:image

割とふくよか。

 

十和田神社の開運の小道

f:id:ykmlm:20170625212536j:image

 

金運の所で特にお願いしときました。

f:id:ykmlm:20170625212635j:image

 

それから奥入瀬渓谷へ。

 


道路の横に川が流れてて、見所がいくつかあります。遊歩道もありますが、14キロ・・・。


何だか風邪っぽいしとても歩けません。

結構歩いてる人いてすごいなーと思いました。

 

なので、ちょこちょこ車を止めて見ました。

f:id:ykmlm:20170625212827j:image

通称魚止めの滝。この滝があるため、魚が十和田湖に帰れないらしい。

私でも帰れない。

 

昔は魚のほぼいない湖だったのを私財をなげうって稚魚を放流した人がいる。

おかげで今はヒメマスという名物ができた。

f:id:ykmlm:20170625213206j:image

九段の滝。

数えてみたけどよくわからん。

 

f:id:ykmlm:20170625213349j:image

f:id:ykmlm:20170625213435j:image

 

私も三脚欲しい。

 

f:id:ykmlm:20170625213605j:image

雲井の滝。うん。

 

秋に来るとまた綺麗だろうなーと思います。

 

そういえば、昨日タコちゃんが聞いてきた情報によると、大間から函館間のフェリーが2週間運休するらしい。

フェリーの点検だとか。

 

それは困る!!

 

大きな駐車場に止めて調べるとどうやら本当っぽい。


青森から函館間は動いてるのでそっちで行かないと行けないのですが、ネット割引は5日前までの予約が必要らしい。

 

車一台と、その車の定員人数までで、定額11800円になるのだ。
大間からだと2000円くらい安かったけど仕方がない。


5日後の夕方を予約しました。

 

さああと5日、青森で何しましょ。

 

お昼ご飯はこの近くにある食堂へ。
上高地食堂。

f:id:ykmlm:20170625213748j:image
いい感じのお店です。

廃墟ばかりの温泉街で頑張ってるお店。

f:id:ykmlm:20170625213921j:image

 

せつかくなので、十和田バラ焼き丼にしました。タコちゃんはせんべい汁鍋。

f:id:ykmlm:20170625213957j:image

f:id:ykmlm:20170625214026j:image

ほぼ玉ねぎ丼でしたが、美味しかったです。

食後におばちゃんがコーヒーを出してくれます。嬉しい気遣いです。

 

f:id:ykmlm:20170625214322j:image 

観光ガイドを見てると、この辺は興味をそそられる温泉がいくつもあります。


谷地温泉、猿倉温泉、蔦温泉酸ヶ湯温泉

 

悩んだ結果、日本三大秘湯の1つの、谷地温泉へ行くことにしました。

f:id:ykmlm:20170625214159j:image

f:id:ykmlm:20170625214124j:image

なかなかに古い建物。

 f:id:ykmlm:20170625214247j:image

天井も低いです。

 

お風呂は木のいい香り。


かなりノスタルジックな雰囲気。

f:id:ykmlm:20170625214412j:image

お風呂は2つあり、それぞれ源泉がちがうようです。

 

38度のぬるめの霊泉に、おばあちゃんが浮かんでいたので心配になりましたが、入ってみるとなるほど、つい眠ってしまうのも分かるお湯でした。


柔らかくて、いくらでも入っていられそうな温度。

 

建物が全て木でできているので、なんだかすごく落ち着きます。


湯船が結構深くて、座ると首まで浸かれます。
熱いお湯は42度。


出る前に暖まれていいです。


かけ湯もまた別の源泉らしく、3つのお湯が楽しめました。

 

 

車で走っていると、まんじゅうふかしというのを発見。

f:id:ykmlm:20170625214517j:image
行ってみると、温泉の熱であったかい椅子でした。

f:id:ykmlm:20170625214550j:image


アスファルトの道路からも温泉の蒸気が噴き出してて怖かったです。

f:id:ykmlm:20170625214636j:image

f:id:ykmlm:20170625214720j:image

 

さて、今日は酸ヶ湯温泉のところの広ーい駐車場で寝ます。


トイレも綺麗です。

 

スーパーがなかったので晩ご飯はあるものを食べます。
レトルトカレーと、キュウリと、ニンニク味噌。
うん、満足です。

真夜中の訪問者

6月22日 木曜日 曇りのち晴れ

 

昨夜の23時半頃でしょうか、寝ているとコンコンとノックされて起こされました。

 

開けるとそこには、お巡りさん。

 

職質キター

 

タコちゃんが対応してくれて、私はじっとしてましたが、免許証で照会している間、根掘り葉掘り色々聞かれてました。

 

最後の方は青森のおすすめ観光スポットの話になったりと、和やかな職質でした。

 

1ヶ月も車中泊してたらよく職質されたでしょー?と聞かれて、ほとんど道の駅とかキャンプ場で寝てるので今回が初めてですというと、我々道の駅でも職質してるけどなーと言っていました。

 

たくさん車止まってるのに全部職質するのは大変だろうなーと思いました。

 

五所川原の立ちねぶたがおすすめらしいので、近くに行ったら行ってみようと思います。

 

特に寝てたらダメな場所ではないようで、タコちゃんも指名手配などはされてなかったようで、

安全運転で旅を続けて下さいねと言って去って行きました。

 

あ〜ビックリした!

 

朝方はものすごい風が強くて、我がエブリィちゃんがぐらぐら揺れて目が覚めました。


タコちゃんなんかは、トイレに行きたかったけど、自分が外に出たら重りがなくなって倒れるんじゃないかと思ってトイレを我慢していたらしい。


それくらい風が強くて怖かったです。

 

場所が遮るものが何もない、めっちゃ吹きっさらしだったし。

 

ドアを2つ同時に開けとくと中のものが飛んでいくので、慎重に準備して、出発!

f:id:ykmlm:20170625183305j:image

 

イオンで少し時間を潰して、いざ!ラーメン屋さんへ。

 

たかはし中華そば

f:id:ykmlm:20170625183350j:image
11時開店の10分前くらいに着いたけど、もう開いてました。


駐車場は30台くらい止めれそうなくらい広い。

f:id:ykmlm:20170625183430j:image
店内も広々!そしてきれい。

f:id:ykmlm:20170625183545j:image

食券機で食券を買います。

中華そば750円。ちょっとお高め。

 

雑誌を手に取りましたが、読む暇もなく来ました来ました!

 

青森煮干らーめん、これいかに!

f:id:ykmlm:20170625183618j:image

 

なんだか綺麗に盛り付けられてますねー。

 

煮干のいい香りです。

 

スープを一口。

 

結構こってり。けど煮干。

 

煮干ラーメンを食べ慣れてないもので、どう表現すればいいのかわからないけど、美味しかったです。

 

少しエグミも感じるものの、全然嫌じゃない、むしろ癖になりそうなスープ。
麺は、中太のぶりっとした麺で、食べても食べても減らない。量多いです。
あまりにも減らないのでタコちゃんにちょっと食べてもらったくらいです。

 

うん、私は好きです。
また食べたい。

 

お客さんがどんどん入ってきます。
人気なのがわかる気持ちのこもった一杯でした。


さて、弘前の観光館に寄って、山車を見ました。

 

入館無料。案内のおじさんが色々説明してくれました。

f:id:ykmlm:20170625184322j:image

f:id:ykmlm:20170625184400j:image
大きな太鼓!

f:id:ykmlm:20170625184239j:image
叩いてるところを見てみたい。

 

この辺で3つ、大太鼓があるそうで、その大きさを競い合ってたけど、結局は牛の大きさの勝負になるから競い合うのをやめたそうです。

 

祭りの時はここから出陣!

f:id:ykmlm:20170625184801j:image 

 

観光館の中にも

f:id:ykmlm:20170625184948j:image

観光館の駐車場は、最初の1時間は無料なので、ついでに弘前城も見に行きました。

f:id:ykmlm:20170625184713j:image

入場料払って中に入るほど城好きではないので、外から見えそうな所まで行ってみましたが、ちらっとしか見えませんでした。

f:id:ykmlm:20170625184848j:image

 

それからねぷた村へ。
中に入るか迷いましたが、やめときました。550円。うーん


ここは、何か買ったら1時間駐車場無料になるので、リンゴを2つ買いました。

 

それから水を汲みに。

 

酒蔵の醸造用の水が汲めるらしいので、酒蔵に行ってみたけど水はなく、良く調べたら少し離れた所にありました。

f:id:ykmlm:20170625185201j:image

サッパリした味。

f:id:ykmlm:20170625185512j:image

何にも邪魔しない感じのお水です。

 

それからもう1つハシゴ。

富田の清水

f:id:ykmlm:20170625185427j:image

f:id:ykmlm:20170625185543j:image

このお水美味しい!

お水なのになんか旨味があるというか、味があって、とっても美味しい。

 

 

その後は特にやることがなく、道の駅ひろさきに行ってみました。

 

もう1つ先の道の駅併設のお風呂が温泉博士にのってたので、今日はゆっくりお風呂はいって寝ようという計画です。

 

道の駅に行ってみましたが、周りにご飯屋さんもなさそうだったので、来た道をまた戻って、スーパーでお買い物。

 

また道の駅に戻るともう5時頃だったので、先にお風呂に入ることにしました。

 

観光館でもらってきたパンフレットを見てたら、十和田湖の雲海の写真があり、明日十和田湖に行こうと思っていたので、それなら展望台で寝て、運良く雲海みれたらいいねと言うことになり、1時間くらいかけて十和田湖の展望台へ。

 


霧がすごくて、展望台は標高1011メートルあるということで、近づく程に霧が濃くなって怖かったです。

f:id:ykmlm:20170625185948j:image

あぁ写真じゃ伝わらない。

 

駐車場入り口も見えなくて一度通り過ぎ、1メートル先くらいしか見えないので駐車場がどんなつくりなのかわからなくて、怖かったです。

恐る恐る進み、なんとか平そうな所に停車。

ドアを開けたら真っ白な世界。


そして寒い。

 

こんな中からいきなり熊が飛びかかって来たらと想像すると怖くて、しばらく外に出られませんでした。

 

晩ご飯、私はとろとろ丼、たかちゃんはお寿司。
でも絶対足りないからと、ご飯2合炊いちゃいました。ダイエット宣言は何処へ


とろとろ丼は、とろろ、山形のだし、ネギトロ、納豆、温玉などがのってて、グチャ混ぜにして食べました。美味しい。


それを白ご飯にのせて食べるという、まさかのご飯をおかずにご飯を食べるという荒技で食しました。


でぶぶー

不老不死になりたいかー!?

6月21日 水曜日 曇りのち雨

 

東北地方が梅雨入りしました!

 

今日は早朝から十二湖探索です。

f:id:ykmlm:20170625112151j:image

残念ながら薄曇り。

f:id:ykmlm:20170625112211j:image

 

くるっと回る楽チンコースを歩こうと、スタート地点の物産館に行くと、駐車場有料。400円・・・少し歩いた十二湖庵の所にも駐車場があったので、そこにとめて、散策コースに入りました。

 

熊に合わないようにびくびくしながら進みます。

f:id:ykmlm:20170625112253j:image

 

いくつか池を見て

f:id:ykmlm:20170625112323j:image


すぐに目的地、青池に到着。

 

ところで、湖と池の違いって何でしょう?

十二湖なのに青池?

f:id:ykmlm:20170625112437j:image

 

綺麗ですね〜。

 

お客さんを連れたガイドの人の説明を盗み聴きしてましたが、なんでこんなに青いのか理由は分かりませんでした。

f:id:ykmlm:20170625112916j:image

 

どれだけ雨が降っても、濁る事はないそうです。神秘的。

 

日が差したらもっときれいなんじゃないかとしばらく待ちましたが、どんどん雲が厚くなるばかり。

 

諦めて、戻りました。

 

十二湖庵で無料のお抹茶をいただいて

f:id:ykmlm:20170625113023j:image

ここのお水も水百選。美味しかった。

 

f:id:ykmlm:20170625113234j:image

物足りないくらいあっという間に散策は終了。

本当は三十三湖あるらしい。全部回る人も居るそうです。

 

帰りに良さげな車中泊スポット発見。

f:id:ykmlm:20170625113152j:image

 

 車で走っていると、賽の河原左折の看板。つい寄っちゃう。

 

賽の河原というと、親より早く死んだ子供が石を積んで、完成間近に鬼が来て石を蹴飛ばして、また最初からという無限ループ地獄で、親より早く死ぬのは親不孝だとかいうやつだっけ?

怖い。

けどそのうちスキルが上達してめっちゃ早く石積めるようになったら鬼も忙しいな。体力の勝負だ。

 

駐車場には象岩。

f:id:ykmlm:20170625113341j:image

 

意外と登るんだー

f:id:ykmlm:20170625113704j:image

 

途中、別れ道があって見晴台へ。

f:id:ykmlm:20170625113801j:image

倒木上等で進むも

f:id:ykmlm:20170625113851j:image

一切見晴らせず!

 

戻って進む。徒歩8分は嘘だ。不動産屋と同じ手口だ。

f:id:ykmlm:20170625114033j:image

 

着いたー

f:id:ykmlm:20170625114117j:image

いい景色。

 

f:id:ykmlm:20170625114157j:image

確かに石が積んである。

 風が気持ちいいです。

 

 

 

そして、ちょっと早いですが通り過ぎることの出来ないお風呂があったので入る事にしました。

 

その名も「不老ふ死温泉

 f:id:ykmlm:20170625114610j:image

不老不死になれるとしたらなりたいかどうか考えました。


家族や友達が死んでいくのを見るのは辛いなぁ。
なれるとしたらもっと若い時になりたかったなぁ。
パスポートとかどうなるんだろう。
生年月日は130歳なのに見た目がめっちゃ若いと絶対怪しいよなぁ。
かといって、不老不死ってバレたら研究対象とかにされて大変だろうし。

 

そんな事を考えました。

 

さて、受付で600円支払います。
腕に、リストバンドを巻かれました。

そして、まずは内湯でかけ湯するように言われます。


一回脱いでまた着るのは面倒くさいけど仕方ありません。

 

さっと体を洗って、外に出て露天風呂へ。

f:id:ykmlm:20170625114405j:image


男性は混浴、女性は女性用の風呂があり、覗こうと思えば覗けそうな高さの仕切りで分けられています。

 

鉄分!って感じの茶色のお湯。

f:id:ykmlm:20170625114443j:image
お風呂の底にはヌルッとした茶褐色の成分がたまっています。


ホースから水も入れてて、結構ぬるい。


目の前は海で、開放感あります。

ずっと入ってるとじんわりと温まってきました。

 

また内湯に戻って入ります。

f:id:ykmlm:20170625114539j:image
内湯は結構熱くて長く入れませんでしたが、満足です。

 

てか、駐車場からスッと露天風呂に入れそうなんですが、セキュリティーはこれで良いのか!?

 

f:id:ykmlm:20170625114910j:image

お昼はスーパーで買った材料でサンドイッチを作って食べ、深浦の道の駅に寄りました。

 

美味しそうなブリが500円!

f:id:ykmlm:20170625114702j:image

マグロの頭が400円と安く、

f:id:ykmlm:20170625114750j:image

思わず買ってしまいそうになりました。
ブリ一本買ってどうすんだ。

 

お惣菜も美味しそうで、夕飯は定食屋に行く予定にしてましたが、ここでちょこっと買って食べる事にしました。

f:id:ykmlm:20170625114826j:image

 

青森と言えば、煮干ラーメン。


正直いって、煮干ラーメンはそんなに好きではないというか、べつにラーメンじゃなくていいんじゃないかという思いがあるのですが、それならなおのこと、本場で食べなければなりません。

 

食わず嫌いは私の一番嫌いな言葉。

 

色々と調べて、煮干ラーメンの聖地ともいえるお店が弘前にあるので、今日は弘前まで行くことにしました。

 

f:id:ykmlm:20170625115111j:image

大銀杏。紅葉は見事でしょう。

 

弘前に入るとりんごの木がたくさん!

f:id:ykmlm:20170625115319j:image

あぁ

f:id:ykmlm:20170625115355j:image

上手く撮れない

 

 

弘前市内の公園の駐車場で晩ご飯です。

f:id:ykmlm:20170625115524j:image
粗食!けどそれもまた良しでした。

 

ここのトイレはバイオトイレ

f:id:ykmlm:20170625115622j:image

 

それもまた良し!